ピコ太郎

21日、「PPAP全面禁止」というワードツイッターでトレンド入り。シンガーソングライターピコ太郎の楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)と勘違いしたという声が相次いでいる。


■情報セキュリティ対策手法

今回ツイッターでトレンド入りした「PPAP」とは、コンピューターセキュリティにおける情報セキュリティ対策手法のこと。

企業のセキュリティ対策をむしろ危険に晒しているとして、批判を受けている側面があり、平井卓也デジタル改革担当相は昨年11月の会見で、内閣府内閣官房で廃止すると発表していた。


関連記事:スイッチ買えず悲鳴続出 「転売ヤーから買うしかないのか…」と嘆く声も

■「PPAP」と言えばピコ太郎?

こうした脱PPAPの流れがあるなか、本日、大手電機メーカー日立製作所2021年からPPAPを全面禁止すると報じられ、ツイッター上で話題に。「PPAP全面禁止」がトレンド入りを果たしたわけだ。

しかし、「PPAP」と言えば、あのジャスティン・ビーバーも注目した、ピコ太郎の「PPAP」こと「ペンパイナッポーアッポーペン」のイメージが強い人も多かった。


■「ピコ太郎が何かやらかしたと思った」の声も

PPAP全面禁止」がトレンド上位になると、「PPAPが禁止だって?」などというコメントともに、ピコ太郎の画像を添付したツイートが続出。

「トレンド見てピコ太郎が何かやらかしたかと思った」「『PPAP全面禁止』をみて、ピコ太郎だと思った人は自分だけじゃないはず」「ピコ太郎だと思った人は正直に手を上げましょう」といったように、勘違いをしたという同志を募る声も見られる。

・合わせて読みたい→本田圭佑「一律10万円の再給付『するつもりはない』理由は何ですか?」 疑問に反響

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

「PPAP全面禁止」が話題に ピコ太郎の「PPAP」と勘違いする人が続出


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 pbs.twimg.com)



<このニュースへのネットの反応>

ふ~ん(はなほじ


要するにメールの添付ファイルに暗号ZIP圧縮を掛けて後でパスワードを送るアレのこと。ピコ太郎のPPAPに無理やり語呂を合わせ、しかも無理に流行らせたい意図がまる見えのダダ滑り略語な。


セミナーとかやって意識高い系社員教育したい物を知らない年寄り偉いさん相手に金稼ぎしてる奴がつくってる団体が、そういうゴリ押しネームつけて営業活動してるだけ


ああなるほど、元からそういう略称あったんじゃなくて話題作りのためにそういう略称を付けたのか


誰もこんな名称使ってない。無理に使うなよw


>>nicouser まさにそのとおりで、大泰司 章って人が4年かけてゴリ押した。その結果、平井大臣の目に触れてついに市民権を得てしまった。まあ、PPAP自体はかなり有害だし、用語化することで撲滅できるなら良いんじゃない?


「絶対流行らないよ」「PPAPが有害なのはわかるけど、PPAPは絶妙にわかりにくいから止めろ」「PPAPブーム終わったんだから、別の用語に変えろ」等の批判にもめげずに使い続けた結果なんだから、生暖かい目で見守ってあげれば良いんじゃないかな


なんならピコ太郎のPPAPすら忘れてたのに何を今更


大昔の流行りモノを無理やりネーミングに使う耄碌老いぼれセンスは見るに堪えんね


リンゴ「毎回ぐりぐりペン刺される身にもなってくれよ・・・」


こっちのPPAPは、暗号化(cryptographic protocol)を無理やり「Aんごう化」と言って人気のPPAPにこじつけただけです。恥ずいだろ。


しかしこうやって忘れられたタイミングでこんな理由とはいえ話題に上げられるんだからほんと持ってるな、ピコ太郎w


元からある語句が被ったんじゃなくてPPAPに便乗して後から出来た略称なのか…ダサすぎんだろ…


みんなすっかり忘れたタイミングでまた話題になるとかピコ太郎がすごいのか、ピコ太郎が黒幕だったらすごい(すごくない)